10月10日CDデビュー
Rumikoの「万葉歌」
~和歌の浦・万葉をたずねて~
作詞 作曲 編曲 羅布陽介
プロフィール
羅布陽介
羅布陽介
音楽事務所オフィス羅布オーナー羅布陽介です。音楽に関するイベント企画 音響関係を中心に 和歌山在住のミュージシャンや歌い手さんのバックアップを行っています。また、2011年10月10日にCD復活デビューのRumikoのプロデュース及びイタリヤ生まれの24歳女性シルヴィアのプロデュース及びTSMrecordsでは、歌手デビューを目指すKahoのプロデュース中。事務所敷地内にカラオケも出きるライブスタジオ完備。ライブ練習にもOKですよ。楽曲作成依頼もお受けします。

オーナーへメッセージ
QRコード
QRCODE

和歌山の情報発信
ブログポータル

ログインはTOPページで
私も作ってみる


[PR]ちらし印刷選挙用品
[PR]和歌山ネットチラシ
[PR] 和歌山情報ブログでチェックイコラブログ
[PR] 商品ページ1ページからリニューアル!!楽天ヤフーOK!現在キャンペーン


アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人

2013年04月07日

我、戯言

LIVEを見て歩き思うこと。ミュージシャンといわれる方々には、大きく分けて二通り有るように思う。楽器を始め歌を始め、人前で演奏をする機会があり、初めてLIVEに出演した頃はまだまだLIVEと言うより、自分たちの練習の成果をみてもらう為の発表会。でも、1年経ち2年経つ頃からふた通りに別れて来る。片やお客様にどうすれば楽しんで貰えるか喜んで頂けるかを前提にした心持ちで次に来るLIVEやイベントに向けて練習に励むものと、自分たちのこだわりに満ちたテクニックのみをステージで演奏する事に意識や力を注ぐものとに。前者のLIVEは、ファンやお客様がたくさん詰めかけ、また、あちこちからのLIVEやイベント出演のオファーが増えてくるが、後者はファンも増えず出演のオファーも少ない。同じLIVE出演をするならお客様の満席の会場でステージを楽しみたいものだと思うだが。やはり演者はお客様あってのもの。

さてさて、昨夜のもりこまあるシーズンLIVEはどちら側だったのでしょうか?改めてもりこまあるLIVEの様子を ブログにアップさせて頂きます。  

Posted by 羅布陽介 at 04:19Comments(1)