10月10日CDデビュー
Rumikoの「万葉歌」
~和歌の浦・万葉をたずねて~
作詞 作曲 編曲 羅布陽介
プロフィール
羅布陽介
羅布陽介
音楽事務所オフィス羅布オーナー羅布陽介です。音楽に関するイベント企画 音響関係を中心に 和歌山在住のミュージシャンや歌い手さんのバックアップを行っています。また、2011年10月10日にCD復活デビューのRumikoのプロデュース及びイタリヤ生まれの24歳女性シルヴィアのプロデュース及びTSMrecordsでは、歌手デビューを目指すKahoのプロデュース中。事務所敷地内にカラオケも出きるライブスタジオ完備。ライブ練習にもOKですよ。楽曲作成依頼もお受けします。

オーナーへメッセージ
QRコード
QRCODE

和歌山の情報発信
ブログポータル

ログインはTOPページで
私も作ってみる


[PR]ちらし印刷選挙用品
[PR]和歌山ネットチラシ
[PR] 和歌山情報ブログでチェックイコラブログ
[PR] 商品ページ1ページからリニューアル!!楽天ヤフーOK!現在キャンペーン


アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人

2013年04月02日

詩吟教室

昨夜は、スタジオ羅布にて、初の詩吟の方々が訪れました。詩吟の先生と3人の生徒さんによる特別授業だったようです。私も初めて観せて頂きましたが、皆さんの声量の凄さにビックリでした。失礼ながら、生徒さんは、多分70歳ぐらいかとお見受けしましたが。伴奏があって歌われる訳じゃないので、ご自分の声で何もかも表現をするいわゆるアカペラで、何の助けも無いのです。また、面白い指導方法で勉強になりました。私達は日頃声の大きさ(出し方)を強弱で表現しますが、距離感で指導されていたのは衝撃的でした。夕べの詩吟のかた達をみて、つくづく思いました。歌はまず絶対的な声量が無ければ良い表現が聞き手には伝わらないようですね。  

Posted by 羅布陽介 at 13:43Comments(0)