10月10日CDデビュー
Rumikoの「万葉歌」
~和歌の浦・万葉をたずねて~
作詞 作曲 編曲 羅布陽介
プロフィール
羅布陽介
羅布陽介
音楽事務所オフィス羅布オーナー羅布陽介です。音楽に関するイベント企画 音響関係を中心に 和歌山在住のミュージシャンや歌い手さんのバックアップを行っています。また、2011年10月10日にCD復活デビューのRumikoのプロデュース及びイタリヤ生まれの24歳女性シルヴィアのプロデュース及びTSMrecordsでは、歌手デビューを目指すKahoのプロデュース中。事務所敷地内にカラオケも出きるライブスタジオ完備。ライブ練習にもOKですよ。楽曲作成依頼もお受けします。

オーナーへメッセージ
QRコード
QRCODE

和歌山の情報発信
ブログポータル

ログインはTOPページで
私も作ってみる


[PR]ちらし印刷選挙用品
[PR]和歌山ネットチラシ
[PR] 和歌山情報ブログでチェックイコラブログ
[PR] 商品ページ1ページからリニューアル!!楽天ヤフーOK!現在キャンペーン


アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 1人

2012年12月04日

市民会館

日曜日の夕方から市民会館の大ホールに出かけてきました。エレクトーンステージ2012和歌山地区大会に出演の、もりこまあるの4人さんの晴舞台を見るために。次から次へとエレクトーンの強者たちの素晴らしい演奏を耳にしながらも何か物足りなさを感じました。そして、待ちに待ったもりこまあるの皆さんが、ステージに上がってきました。流石に落ち着いた様子。本番前のハプニングを微塵も感じさせず、演奏が始まりました。演奏曲は(君の声)、やっぱりこれよこれ。やっと心ある音楽を聞いた気がします。確かにエレクトーンという楽器は素晴らしいです。何台も組み合わせれば最高のサウンドがえられるようですが、それだけではないのです。エレクトーンをベースに生のオカリナ、生のギター、そして心のこもった歌声を組み込んだもりこまあるこそが音楽だと思いました。最高でした。

そして、感激醒めやらぬ間にもりこまあるさんたちの打ち上げ会場であるムジカに一足早くむかいました。演奏を終えた、もりこまあるの面々が到着し、打ち上げ会。ここでも、楽しいひとときを過ごさせて頂きました。こんな素晴らしい場に参加させてもらえた事本当に、感謝感謝です。  

Posted by 羅布陽介 at 03:06Comments(1)