10月10日CDデビュー
Rumikoの「万葉歌」
~和歌の浦・万葉をたずねて~
作詞 作曲 編曲 羅布陽介
プロフィール
羅布陽介
羅布陽介
音楽事務所オフィス羅布オーナー羅布陽介です。音楽に関するイベント企画 音響関係を中心に 和歌山在住のミュージシャンや歌い手さんのバックアップを行っています。また、2011年10月10日にCD復活デビューのRumikoのプロデュース及びイタリヤ生まれの24歳女性シルヴィアのプロデュース及びTSMrecordsでは、歌手デビューを目指すKahoのプロデュース中。事務所敷地内にカラオケも出きるライブスタジオ完備。ライブ練習にもOKですよ。楽曲作成依頼もお受けします。

オーナーへメッセージ
QRコード
QRCODE

和歌山の情報発信
ブログポータル

ログインはTOPページで
私も作ってみる


[PR]ちらし印刷選挙用品
[PR]和歌山ネットチラシ
[PR] 和歌山情報ブログでチェックイコラブログ
[PR] 商品ページ1ページからリニューアル!!楽天ヤフーOK!現在キャンペーン


アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 1人

2013年06月04日

我、戯言No.2

朱に交わればあかくなる、と言う言葉がある。人と交わる事で、善くも悪くも影響を受ける。音楽でもそうだと思う。自分より素晴らしい演者に憧れ、そのかたとご一緒する事で、素晴らしい部分を吸収し、また、吸収するために努力をする。そうすることで、自分のレベルもアップし、おのずとカッコ良くなっていくものだと思う。だが、そういう素晴らしくカッコ良い演者とご一緒出来る環境に有っても、良さの根本的なことを学び吸収する努力もせず、凄いミュージシャンと一緒にやっていること、知っている事をカッコ良いだろう、俺は凄いだろうとアピールしているように見受けられるミュージシャンをLIVE等で観てしまったとき、滑稽を通り越し、憐れに見えてしまって、悲しくなる。朱に交われば・・接するだけでは無く、本気で交わって近づく努力をすれば、見せかけのカッコ良さでは無く、本物のカッコ良いミュージシャンになれるかも?

そう思ってるなら、お前自身ももっと努力しろって、師匠にいわれるかも。  

Posted by 羅布陽介 at 00:53Comments(10)