10月10日CDデビュー
Rumikoの「万葉歌」
~和歌の浦・万葉をたずねて~
作詞 作曲 編曲 羅布陽介
プロフィール
羅布陽介
羅布陽介
音楽事務所オフィス羅布オーナー羅布陽介です。音楽に関するイベント企画 音響関係を中心に 和歌山在住のミュージシャンや歌い手さんのバックアップを行っています。また、2011年10月10日にCD復活デビューのRumikoのプロデュース及びイタリヤ生まれの24歳女性シルヴィアのプロデュース及びTSMrecordsでは、歌手デビューを目指すKahoのプロデュース中。事務所敷地内にカラオケも出きるライブスタジオ完備。ライブ練習にもOKですよ。楽曲作成依頼もお受けします。

オーナーへメッセージ
QRコード
QRCODE

和歌山の情報発信
ブログポータル

ログインはTOPページで
私も作ってみる


[PR]ちらし印刷選挙用品
[PR]和歌山ネットチラシ
[PR] 和歌山情報ブログでチェックイコラブログ
[PR] 商品ページ1ページからリニューアル!!楽天ヤフーOK!現在キャンペーン


アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 1人

2012年06月07日

シルヴィアわかやま新報に

先日のマジカルライブハウスツアーで、スタ羅布にて初ステージにあがったシルヴィアにたいして暖かい記事を載せて頂きました。
わかやま新報記者の樋口さん有難うございました。  

Posted by 羅布陽介 at 18:40Comments(0)

2012年06月07日

スピーカーの配置

今日は、朝からスタ羅布のスピーカーの配置を少し変えてみました。スタ羅布は定員30人の小さなスタジオで、使っているPA機材も和歌山で一番粗末なものを使っているため工夫しないといけません。現在、ボーカル用スピーカーが4個、楽器用(ギターやキーボードなど)が4個です。計8個(写真には写ってないのが有りますが)のスピーカーが四方に設置して有り、演奏者もお客様も同じ音を聴きながらのLIVEになります。通常こういったスピーカーの配置をするとボーカルマイクのボリュームを上げるとハウリング現象を起こしてしまいますが(そこは調整で乗り切る)。ただ、高中低音のそれぞれ特性の違ったスピーカーを数多く配置することで細かい音までクリヤーに聞こえるように思います。

明日8日の陽介の気まぐれLIVEで配置を少し変えた音の良し悪しを見極めてみたいと思います。

明日8日の7時からの(陽介の気まぐれLIVE)観に来てくださいね。  

Posted by 羅布陽介 at 13:53Comments(0)

2012年06月07日

実力?

夕べもりこまあるさんの練習後、一本の電話がありました。堺市にいる学生時代の先輩からです。知り合いのバンドの事で相談に乗って欲しいとのこと。

先輩曰く(コブクロのコピーをやってる4人組で実力あるんだけど、LIVEに余りお客がはいらないんだよね。)俺(実力とは、うまいっていうことですか?) 先輩(そう、うまいよ) 俺(実力があるっていうのはお客様が集まるまたは、お客様を集められる人の事を言うじゃないですか。お客様を集める、増やす努力してますか?) 先輩(してると思うけどね) 俺(じゃあ演奏や歌に魅力無いんじゃないですか。うまいだけなら大阪にはいくらでもいますよね。) 先輩(どうしたら良いと思う?) 俺(まず、コピーをやめてカヴァーにしてもう一度自分たちの雰囲気を全面に出し自分たちの音楽をする事から初めてみれば)っと永遠と電話が続く。

(上手い下手を気にするより、お客が多く入るか入らないかがそのバンドのやってる事が正しいか間違ってるかで判断すべき。)そう言ってやっと電話を切る事が出来ました。あァ〜疲れた。
  

Posted by 羅布陽介 at 01:08Comments(0)

2012年06月07日

もりこまあるさんたち

夕べはもりこまあるのさんの練習。このユニットバンドは演奏曲により個々に色々な楽器を操りコピーではないもりこまある独特のカヴァー曲にアレンジして仕上げていきます。練習を見ていても、次はどんな楽器の組合せになるんだろうとワクワクしてしまいます。和歌山だけでも多くのユニットやバンドが有りますがこういったバンドは数少ないと思います。ただ、レパートリーを増やしていくのは大変だと思いますが、ずっと頑張って行って貰いたいバンドです。  

Posted by 羅布陽介 at 00:23Comments(1)